過剰な気遣いは要注意!ウザいと思われる男の行動 | 高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へようこそ

過剰な気遣いは要注意!ウザいと思われる男の行動

投稿日 2018.08.24

女性は男性にさりげない気遣いをされると嬉しく思います。
モテる男性の条件も“気遣いのできる男性”は挙げられるほどで、逆に気遣いができない男性、自己中心的な男性は好かれません。
ただ、気遣いといってもやり過ぎは逆に“正直ウザいんだけど”と思われかねません。
一度ウザいと思われてしまうと、その後のちょっとした親切や気遣いもすべてウザく感じてしまいます。
しかもそれがまだ恋人になっていない状態だとなおさらで、デートするのも面倒だな、と距離が遠ざかってしまう原因になりかねません。
気遣いがウザい、余計なおせっかいと思ってしまうのは、贅沢なんじゃないの?と思うかもしれません。
他の人が聞いたら「嬉しいじゃん。優しい男性じゃん。」と思うかもしれませんが、やはり実際に過剰な気遣いをされたら、逆に気疲れしてしまいます。
では、どのような気遣いが過剰になってしまうのでしょうか。
これは男女の立場によっても違ってきます。同じ気遣いでも、恋人同士ならOKでも、それ以前ならやりすぎと感じる事もあります。
一番過剰な気遣いと感じてしまうのが、レディーファーストのようです。
紳士的な男性はレディーファーストができる、といわれ欧米では当然の振る舞いで、それが小さい頃から身についているものです。
ですが、日本ではレディーファーストという言葉の認知度はあるものの、それよりも昔からある亭主関白のほうが身についているかもしれません。
デート
心のどこかでは“女性は男性の3歩後ろを歩く”という大和撫子が理想と思っているところがあります。
もちろん、今の時代、亭主関白の男性はドン引きされますので、それをする男性は少ないです。
その一方でレディーファーストをすれば女性に気に入られる、と思い込んでいる男性もいるのです。
つまり日本人男性がおこなうレディーファーストは、欧米人が身についている“普通”ではなく、女性に好かれるための見せかけのレディーファーストになってしまいがちです。
そんな気遣いには女性も違和感を覚え、下心が見え見えでウザいと感じるのです。
また、女性もレディーファーストに慣れていないという点もあるでしょう。
例えば、公園のベンチに座る時にハンカチを置いたり、自分の上着を脱いで敷いて「安心して座りなよ」という気遣いは優しいと思うよりも煩わしいと感じるようです。
もちろん、洋服が汚れることを心配しての行動ではあるのですが、それなら最初から座らなければいいだけです。
また、特に高いハイヒールを履いているわけではないのに階段を下りる時に「大丈夫!?」と手を差し出してくれるのも過剰な気遣いです。雨で濡れている時、荷物を持っている時、高いハイヒールの時などはわからないでもないですが、そうでもない時に言われても「階段くらい降りれるよ」と思ってしまいます。
店に入る時にドアを開けておき女性を先に行かせるのもよくあるレディーファーストですが、それも「ドアくらい自分で開けるし、先に行ってよ」と思う女性が多いようです。
それなら、男性が先に入って、急にドアが閉まらないように押さえておく程度で十分です。
それだけなら心から「ありがとう」と思うものです。
レディーファーストに慣れていない日本人女性は、座る時に椅子を引かれたり、上着を脱ぐ時にも手を貸してくれる、なんて気遣いにもうっとうしく感じます。
欧米では当たり前でできない男性は紳士ではない、と思われるでしょうが、日本人女性相手ならそこまでのレディーファーストは不要ということです。
そして立場を度外視した気遣いもウザいと感じる事が多いです。
例えば、恋人でもないのに、高価なプレゼントを贈られたり、デートの時に「物騒だから家まで送るよ」とか言われるのもウザいと感じます。
恋人同士なら嬉しいことなのでしょうが、そうでない人にとっては迷惑になってしまいます。
また、「なんか疲れてるんじゃない?」とか「何か悩みごとでもあるんじゃない?」という気遣いも時にはウザく感じてきます。
本当に疲れている時に言われるのなら『私の事をよく見ていてくれる』と思うでしょうが、会うたびにそんな心配をされるとちょっと違います。
「別に絶好調なんだけど…」と思ってしまいます。
「痩せたんじゃない?ちゃんと食べてるの?」なんてセリフも、『あんたはお母さんか!』と思いたくなるようです。
また、すべて女性主導なのもウザいと感じる人が多いです。
デートするにも「いつがいい?○○さんに合わせるよ」、「何が食べたい?」、「どこに行きたい?」、「これからどうする?」というように、すべて女性に意見を求めるのもウザいようです。
男性からすれば、女性が喜ぶ事をしてあげたい、という気持ちの表れなのでしょうが、決断力がない、自分がない、優柔不断な男、と見られてしまいます。
確かに女性への気遣いは大切です。気がつかない男性はモテません。だからといって、気遣いの押し売りのようになってしまっては逆効果です。
決して見返りを求めない、気付かれない気遣いが大切です。
気遣いとは、相手があって初めて意味のある気持ちです。
形式的な、定型的でしかない気遣いの『ふり』は女性も当然気づきます。
わざとらしさをかわいいと思ってもらえる男性のキャラクターならともかく、多くの男性にはなかなか難しいのではないでしょうか?
特に交際クラブ・デートクラブという場所は、男性にある意味で紳士性というべきものを求める場所ですので、それを履き違えた男性と会って楽しいかといえばそれはやはり疑問です。
紳士淑女という言葉が日本では死語に近い現状を顧みて、もし交際クラブ・デートクラブで女性とお付き合いするならば相手にどう思ってもらえるかを相手の側から感じる感受性が必要なのかもしれませんね。


緊急!サンデージャポンでの話題の件について緊急!NHKアナウンサー報道の件についてこの美女にビビッと来たらこちらまで高級交際クラブ青山プラチナ倶楽部のすべて青山プラチナ倶楽部は超一流のレディーの卵を探しています交際・デートクラブオーナーの経営論

コラム

デート
デート2019.06.19

大阪美人とミシュラン韓国料理ほうばでデート

大阪は美人が多いということもあって、交際クラブ・デートクラブで定期的に大阪の女性を紹介してもらうこと...

▲TOPへ

女性
出会い2019.06.18

マッチングアプリではドタキャンは日常茶飯事!?

パパ活のドタキャンやすっぽかしと言えば、女性がやるものだと思っている人も多いかもしれません。 しかし...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.17

デートクラブは割り切りデートをしたい男性におすすめ

結婚したくないという人が増えている昨今、その理由についても理解できます。 男性にとって結婚というのは...

▲TOPへ

デート
その他2019.06.14

アプリによるパパ活が増加の裏に潜む危険性

パパ活が世の中に浸透したことで、気軽に始める女性が多くなっています。 しかし、その反面で利用する人が...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.13

マッチングアプリで失敗した人におすすめの交際クラブ

出会いを求めて色々なサービスを利用している人も多いと思います。私もそうでした。 出会い系サイトやマッ...

▲TOPへ

女性
デート2019.06.12

一足早く夏を感じる!湘南のデートスポット5選

日差しが強くなり始めると、行きたくなるのが湘南。 映画やドラマ、夏系アーティストの曲の舞台となるスポ...

▲TOPへ

女性
デート2019.06.11

パパ活女性の服装は何を意識すべき?

交際クラブ・デートクラブを使ってパパ活している人は、ドレスコードが必要となるということも意識しておく...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.10

水商売の女性が交際クラブ・デートクラブで人気になる方法

交際クラブ・デートクラブは、ネット社会の発達によって、多くの人が存在を認知したので、パパ活と同じよう...

▲TOPへ

デート
恋愛2019.06.07

女性と無縁の生活から抜け出すことができて充実の毎日

生粋の仕事人間として生きてきたため、色恋沙汰には無縁の生活を送ってきました。 仕事をするのが好きなの...

▲TOPへ

デート
交際クラブ2019.06.06

色々な出会いの中で交際クラブ・デートクラブは別格

医師を志し大学病院で実績を積み、40歳になって形成外科を開業しました。 これまで必死に勉強をしてきて...

▲TOPへ