お金と恋愛/自分をビジネスに例えると?

投稿日 2018.04.10

ベタな話で「愛はお金で買えない」と昔から言いますが現代社会においてやはり「お金持ってるとモテる」という見方はあります。
実際いい車の助手席にはいい女性が乗ってますし、ちやほやもされます。

交際クラブ・デートクラブのVIP男性がよく思う事ではないでしょうか。
「そういう女性しか寄ってこない」とか「本当にモテている訳ではない」というように・・・。

今回は肯定的に見て女性の考え方と照らし合わせてみましょう!

お金か愛か

愛はお金で買えるか?変えるが買えない

過去に大型ショッピングモール内の店舗で働いていた頃、従業員の休憩室で休憩を取っていた時に
TVで若めの農家の方が「田舎で結婚相手がいない」とインタビューに答えていて、皆見ているか見ていないかみたいな空気だったのですがその後年収の話になり「2千万くらい」と言った瞬間に
大勢いた女性従業員が一斉にTVを見た光景が強烈でした。

やはり年収は女性が男性を見る際の大きなポイントではあります。
モテるかという話と別として現実的な思考の女性には顔のタイプを関係なくする位の重要ポイントであることは確かです。

お金を持っているという人も持っている人を知っている人も「モテるか?」としてしっくりこないと思います。
率直にいうと女性が年収が高かったり資産持ちだったりの男性に寄ってきたとしてお金持ちのその人が好きなのではなく「その年収と一緒に生活する自分」を考えているからなんです。

「お金を持っていなくても一緒にいてくれる?」などという自殺行為のようなセリフは間違いなく言ってはいけないでしょう。
どんな答えにも正解も真実もなく微妙な気持ちを生むだけです。

ただお金を持っている男性と一緒になった女性は明らかに変わりますよね、良くも悪くも。
お金で愛は買えませんが変えることはできるという事です。

女性はお金じゃなくて貴方を見ている

年収やお金を持っているにも関わらず女性の食いつきが悪かったり、話をしているうちに距離ができたり・・・なぜでしょう?
女性はあなたを通したお金を見ているなんてお金持ちをひがんだ話もありますが、実際はお金の使い道などを見ています。

恋愛とよく似ている”ビジネス”に例えて言うとあなたが「2千万儲かる仕事」の話を聞いたとします。
興味は持ちますよね、間違いなく。

ただ「コストが1千990万~2020万円かかる」と聞いたとします。
どうでしょう、そのビジネス手を出しますか?

また「しばらく我慢すればコストは下がり儲かるようになる」と言われます、いかがでしょう。
女性は男性と話をしながらこんな気持ちになっています。

よほどの事でない限りそんなビジネスに手を出さないのと同様に相手を変えてまで付き合ったり結婚は考えない、「ナシ!」と判断するだけです。
人間関係を考えたときに自分をビジネスに例えると相手の気持ちがわかったりします。

収入はそこそこでもこれからの伸び盛りで自分のことを大切に考えてくれる相手は「伸びそうなベンチャー企業」に投資するような気持ち。
共に時間を過ごして行く先を見てみたいと思うのでしょう。

自分の事を好きになって欲しいというお金持ちより自分の事を好きでいてくれる真面目な男性を選ぶのはそういう事でもあります。
同じものをプレゼントしたとしても結構違う印象がでてきます。

ブランド品だと「お金あるから当たり前」と「無理して私のために買ってくれた」などこうなってしまうとお金持ちが不利な気さえしてくるので不思議です。

お金を持ってるより稼ぐ力

お金を持っていると自負してる方はどうすればいいのかは簡単で「一流企業」のような男性になればいい訳です。
特に無理をすることなくブランドイメージを維持して「株主」にメリットを与え「顧客」にサービスを怠らない。

そう考えると別段難しい事でない気がしませんか?
では収入が厳しかったり生活でいっぱいいっぱいの方はどうすればいいのでしょう。

これもビジネスの投資でみると「一芸に秀でている」「伸びる要素を持っている」という企業は魅力あります。
あくまでビジネスも「資本力」で企業は見ません、女性も基本的に「資産家」という事で男性をみることはあまりないでしょう。

まあ「資産」を狙って乗っ取りはあるかもしれませんが(笑)
「一芸に秀でている」男性に例えればお金の使い道がその方の魅力になっているのならいいのでしょう。

お洒落な男性が服やアクセサリー、車など趣味が女性の心を動かすものであれば共有することで魅力は伝わります。
「伸びる要素を持っている」男性は将来のプランがしっかりしていて夢をもっているタイプ、プランニングが伝われば魅力的でしょう。

将来のプランが突拍子なく現実的でなかったり、相手に想像がつかない場合はスカしてしまうでしょうね、プレゼンと同じでどう伝えるか?だと思います。
また相手に伝わらない夢は夢でしかないのでいつまでも現在のままの可能性が大きい訳です。

伝わるように夢を認識して考えていけば「目標」になるのでかなう可能性も高くなりますし現実性も増すでしょう。
自分たちが他人のビジネスなら判断しやすいように自分をビジネスプランと捉えてアピールを心がけるといろいろと変わってきます。

現在何もない方でも「損をせずにできること」から考えていけば少しずつでも成長できると思います。

損しないならやったほうが得

現在何もなくても興味をもってリスクの無い方法でやる事は世の中たくさんあります。
お酒が好きならカクテルに凝ってみたり、自炊をしているならお洒落な料理を覚えてみたり、当たり前の生活を少し凝ってみるのもコツです。

私はパチンコばっかりやっている自分が嫌で株やFXなどやるようになりました、株はミニ株とか投資額の少ない方法ですがいろんな企業情報に詳しくなるので知的な話題に事欠きません(笑)
FXのいいところは世界情勢に詳しくなれることでしょうか、海外の外貨を安くで買って例えばドルで受け取って海外に行く際に銀行の交換レートより遥かに得な金額に換金できます。

ブランド物など相当安くで買えたりできるので一石二鳥でプレゼントにすると喜ばれます。
女性との話題には難しい話ではなく軽くいい部分だけ話すると「お金」の話題は共通なので大概みなさん興味をもたれます。

自分のマイナス部分を何かにスライドさせていい趣味や「副業」として成り立てば2重に美味しいです。
くれぐれもいきなり大きなお金を投資せずにリスクのない方法から楽しみながらやっていきましょう!

女性探しのリスクが少ない点で交際クラブ・デートクラブは最適なのではないでしょうか。

女性専用コラム youtube
緊急!サンデージャポンでの話題の件についてYOUTUBE始めましたブリリアントガール厳選した美女を紹介高級交際クラブ青山プラチナ倶楽部のすべて青山プラチナ倶楽部は超一流のレディーの卵を探しています交際・デートクラブオーナーの経営論

コラム

おすすめ女性会員
女性2024.04.19

4月18日(木)新規女性会員様11名ご登録されました!

◇カフェ店員の方がご登録されました キュートなお顔にちょっぴり小悪魔チックな性格がたまらない♪マイペ...

▲TOPへ

おすすめ女性会員
女性2024.04.18

4月17日(水)新規女性会員様10名ご登録されました!

◇秘書の方がご登録されました 素朴で可愛らしい雰囲にほっこり癒されます♪丁寧で誠実なお人柄も好感度抜...

▲TOPへ

おすすめ女性会員
女性2024.04.17

4月16日(火)新規女性会員様9名ご登録されました!

4月16日(火)新規女性会員様9名ご登録されました! ◇事務職の方がご登録されました 女性らしいメリ...

▲TOPへ

おすすめ女性会員
女性2024.04.16

4月15日(月)新規女性会員様9名ご登録されました!

◇会社員の方がご登録されました エスコートしがいのあるおっとり美女!バスト感しっかりありつつきゅっと...

▲TOPへ

おすすめ女性会員
女性2024.04.16

4月14日(日)新規女性会員様1名ご登録されました!

◇事務職の方がご登録されました 思慮深くて優しい穏やか美人!女性らしいムッチリBODYも最高♪お人柄...

▲TOPへ

デートで手をつなぐ男女
デート2024.02.15

文春砲に引っかからないで安心・安全に女性と会うことができるのが交際クラブ

今芸能界は恐怖で震えている人たちが多いのではないでしょうか。 大物芸能人が文春砲により、性加害の疑い...

▲TOPへ

交際クラブ2024.01.29

交際クラブでの出会いで結婚できる?その真実をお伝えしていきます!

交際クラブを通じて出会った女性が、あまりにも素敵過ぎる人だったということもあるでしょう。 さらに、パ...

▲TOPへ

デート2024.01.26

なぜ笑いのツボが浅い女性は人気なのか?男性会員から引く手数多の理由とは?

美しく、性格の良い美女と出会えるのが交際クラブの特徴です。 リッチな男性がサポートしたくなるような子...

▲TOPへ

交際クラブ2024.01.25

なぜ既婚者ばかりがモテるのか?交際クラブは既婚者であることのメリット多数!

すでに伴侶がいる既婚者男性は、女性にとって魅力がないと思っている男性もいるでしょう。 独身でバリバリ...

▲TOPへ

パパに「希望金額」を訊かれたらどうする?,相場,対処方法
交際クラブ2024.01.15

パパに「希望金額」を訊かれたらどうする?相場や対処方法を解説

パパから「希望金額」を訊かれたときに、どう答えるべきか迷ってしまう女性も多いのではないでしょうか。 ...

▲TOPへ