女性の嫉妬や束縛って正直どうなの?男性の本音 | 高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へようこそ

女性の嫉妬や束縛って正直どうなの?男性の本音

投稿日 2019.05.29

恋愛における嫉妬の感情や、それによって起こりがちな束縛行為は、トラブルの元とよく言われるものです。
周りにも嫉妬心の強い女性や、実際にその嫉妬によって彼氏との関係が崩壊してしまった女性がいる人も多いでしょう。
もしくは自分自身に同じような経験があるという人も多いでしょう。
そんなイメージの悪い「嫉妬」や「束縛」ですが、実際のところ男性はそのような女性の行為に対してどんな思いを持つものなのでしょうか。

交際クラブ・デートクラブで出会ったお相手から嫉妬や束縛を受けたことのある方もあるかもしれません。

◆嫉妬や束縛のイメージはやっぱり……

世の中的には、嫉妬や束縛のイメージは、やはり正直なところ悪いです。

「嫉妬する女性は怖い」
「とんでもない行動に出られそうで不安しかない」
「束縛されると自由がなくなるので嫌だ」
など、嫌なイメージを持つ男性はかなり多いでしょう。
できれば嫉妬心も強くなく、束縛もしない女性と付き合いたいと思う男性がほとんどのはずです。
ただ実際のところは、まったく嫉妬や束縛をされたくないのかといわれれば、少し意見は変わってくるようです。

◆まったく嫉妬されないのは寂しい?

嫉妬や束縛は大きなトラブルの可能性をはらみます。
実際、それによって別れたり、周りの人まで巻き込んで大事にまでなったりするようなことも中にはあるほどです。
しかしそうはいっても、男性にとってまったく嫉妬されないというのは、それはそれで寂しいことだという意見もあるのは事実です。
嫉妬は恋愛感情が強すぎるあまり起こることです。
「嫉妬する=相手がとても好き」ということですから、嫉妬されないということは、それはそれでカップルとして張り合いがありませんよね。
このような理由から、嫉妬に対しては前向きな意見を持つ人も実際にはたくさんいるといいます。

◆「嫉妬=かわいい」という意見も多い

あえて嫉妬の前向きな意見に耳を傾けてみれば、「嫉妬=可愛い」ととらえる男性意見の多さも見えてきます。
他の女性に嫉妬して拗ねる、機嫌を悪くするということは、行き過ぎた範囲でなければ相手を想ってこその感情なので、とても愛らしいことと捉えることができます。
そのため、彼女にはかわいいから積極的に嫉妬の感情を見せてほしいという男性も多いです。

◆束縛されたいというタイプの男性も

また、実際のところ「束縛されたい」「束縛大歓迎!」なんて考えを持つ男性もいます。
「他の女と話さないで」「仕事以外はずっと私と一緒にいて」などといった束縛行為は、当然ながら相手の行動を縛る行為。
多くの人が窮屈さを感じずにはいられないでしょう。
しかしこれも相手が好きだからこそ言ってしまうことであって、悪気は基本的にありません。
だからこそ束縛に対しても前向きなイメージを持っている男性もいます。
そのようなイメージを持つ男性は、自分自身もかなり束縛や嫉妬をするようなタイプの場合も多いですね。
交際

◆無関心すぎるのも恋愛ではNG

そもそも恋愛関係において、相手に対して無関心すぎるのもあまり好ましいことではないでしょう。
相手が今何をしているのか、自分以外の人とは誰と親しいのか…そのようなことを一切気にしないのでは、正直恋人同士とはいいがたいですよね。
あくまで相手のプライベートを大きく干渉しない範囲で、相手を気にすること、知ろうとすることは、恋人関係ならば、して当然のことといえるでしょう。
そのため、嫉妬や束縛が一切ないドライな関係も、ある意味問題ありの可能性があります。

◆とはいえ嫉妬も束縛も限度をわきまえるのが大事

しかしそうはいっても、嫉妬や束縛に対して悪いイメージがつくのは、その行為が行き過ぎてしまうことが多いからでしょう。
実際に彼女からひどく嫉妬をされ、「同性の友達とすら一緒に遊べなくなってしまった」「趣味の時間を持てなくなってしまった」なんて嫌な経験をしたことがある男性は多いはずです。
限度を超えた嫉妬や束縛は、やはり付き合いにおける窮屈さを生みます。
一緒にいて窮屈な思いしかできないのであれば、当然相手に対して持っていた恋愛感情もいつしか薄れていくでしょう。
むしろ嫌なイメージばかりを持つようになり、いつの間にか相手を嫌いになってしまうパターンも多いです。
カップルで良い関係を築くためには、やはり嫉妬も束縛もどの程度までなら許容範囲か理解するのが大事ということです。
基本的に嫉妬を前向きに捉えている男性も、その考えにはあくまで「限度をわきまえてくれるなら」という前置きが入るはずです。

◆まとめ

嫉妬や束縛に対する男性の本音についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
恋愛において、嫉妬、束縛は多くの人が直面することになる問題といえるでしょう。
特に恋愛初心者の人は感情のコントロールが難しいものですし、大きく嫉妬心に気持ちを支配されてしまうことがあります。
そのせいで好きな人に窮屈な思いをさせてしまうこともあるはずです。
嫉妬や束縛において大事なのは、あくまで行き過ぎない範囲でとどめておくことです。
そもそもお互いに無関心すぎるドライな恋愛はつまらないですし、お互いの嫉妬心はちょうど良い具合に抑えつつ、良い距離感で求め合える関係を楽しみたいところですね。
「かわいい」「うれしい」を通り越した度の過ぎる嫉妬に疲れたら、交際クラブ・デートクラブへどうぞ。
もし交際クラブ・デートクラブで出会ったお相手から束縛を受けている場合は、倶楽部に問い合わせてみても良いかもしれません。根本的な解決にはならなくても、アドバイスがもらえる場合もあります。


緊急!サンデージャポンでの話題の件について緊急!NHKアナウンサー報道の件についてこの美女にビビッと来たらこちらまで高級交際クラブ青山プラチナ倶楽部のすべて青山プラチナ倶楽部は超一流のレディーの卵を探しています交際・デートクラブオーナーの経営論

コラム

デート
デート2019.06.19

大阪美人とミシュラン韓国料理ほうばでデート

大阪は美人が多いということもあって、交際クラブ・デートクラブで定期的に大阪の女性を紹介してもらうこと...

▲TOPへ

女性
出会い2019.06.18

マッチングアプリではドタキャンは日常茶飯事!?

パパ活のドタキャンやすっぽかしと言えば、女性がやるものだと思っている人も多いかもしれません。 しかし...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.17

デートクラブは割り切りデートをしたい男性におすすめ

結婚したくないという人が増えている昨今、その理由についても理解できます。 男性にとって結婚というのは...

▲TOPへ

デート
その他2019.06.14

アプリによるパパ活が増加の裏に潜む危険性

パパ活が世の中に浸透したことで、気軽に始める女性が多くなっています。 しかし、その反面で利用する人が...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.13

マッチングアプリで失敗した人におすすめの交際クラブ

出会いを求めて色々なサービスを利用している人も多いと思います。私もそうでした。 出会い系サイトやマッ...

▲TOPへ

女性
デート2019.06.12

一足早く夏を感じる!湘南のデートスポット5選

日差しが強くなり始めると、行きたくなるのが湘南。 映画やドラマ、夏系アーティストの曲の舞台となるスポ...

▲TOPへ

女性
デート2019.06.11

パパ活女性の服装は何を意識すべき?

交際クラブ・デートクラブを使ってパパ活している人は、ドレスコードが必要となるということも意識しておく...

▲TOPへ

女性
交際クラブ2019.06.10

水商売の女性が交際クラブ・デートクラブで人気になる方法

交際クラブ・デートクラブは、ネット社会の発達によって、多くの人が存在を認知したので、パパ活と同じよう...

▲TOPへ

デート
恋愛2019.06.07

女性と無縁の生活から抜け出すことができて充実の毎日

生粋の仕事人間として生きてきたため、色恋沙汰には無縁の生活を送ってきました。 仕事をするのが好きなの...

▲TOPへ

デート
交際クラブ2019.06.06

色々な出会いの中で交際クラブ・デートクラブは別格

医師を志し大学病院で実績を積み、40歳になって形成外科を開業しました。 これまで必死に勉強をしてきて...

▲TOPへ