fbpx

男性と交流する時は男心をある程度理解しておこう | 高級交際クラブ・デートクラブ「青山プラチナ倶楽部」へようこそ

男性と交流する時は男心をある程度理解しておこう

投稿日 2019.03.05

男性というのは言葉を選ばずに言ってしまうと、女性の言葉を非常に自分の中で変換してしまう能力が高すぎるので、女性のちょっとした言葉をとてもポジティブに変換してしまうことがよくあります。
交際クラブなどを利用している方も男性への言葉に対しては気を付ける必要があります。

■女性の方が全然その気がなくても、気持ちが高ぶってしまう場合も

例えば女性がある男性に対して「初めてお会いしましたけど、笑顔が素敵ですね」というように、本人的にはお世辞のつもりで言ったとしても、男性の方は「この女性はもしかして・・・自分に気があるのではないだろうか?」と本気で考えてしまうのです。
女性には「えー!?何を言っているんですか?」と信じられない話かもしれませんが、割と真剣に男性心理について説明しています。

女性の場合は、自分を守る意味においても、言葉のチョイスは大切ですから、女性の場合は、自分を守る意味においても、男性に接する時は、言葉のチョイスに気を付けた方が自分の身を守るという意味において、安全性の確保ができるようになります。

大人の女性であれば、今まで様々な男性経験があるので、酸いも甘いも経験しているから、なんとなく男性に向ける自分の言葉をコントロールすることは可能かと思いますが、若い女性はまだそういうことが難しいかもしれません。

失敗から学んでいくということも必要かもしれませんが、男性を必要以上に勘違いさせないためにも自分を守るということは技術的に必要なことです。
交際

■恋愛感情がない男性を勘違いさせない言葉のコントロール術とは

今まで説明した通りに男性というのは、女性が考えるよりもはるかに勘違いしてしまいやすい生き物ですので、全く恋愛感情を抱いていない男性とコミュニケーションをする時は言葉をコントロールすることが必要になってきます。

例えば男性の方が「君みたいな若い女性だと自分のようなおじさんは恋愛対象として範囲外かな?」というようなことを言われた時に気を使って「え?全然おじさんじゃないと思いますよ」という風に答えるのは、男性を勘違いさせずに、なおかつ円滑にコミュニケーションを行なっている良い例だと思います。

このような良い例の場合は、勘違いしやすい男性であっても「もしかして・・・」と勘違いしてしまう男性はいないと思います。
しかしながら「全然そんなことないですよ!おじさんは素敵だと思いますよ」ということまで言ってしまうと、男性の勘違いボーダーラインの勘違い側まで踏み込んでいってしまうことになりますので「ああ、この女性は、俺のことが好きなのかも?」と勘違いしてしまう男性も出てきます。

■男性とデートや交際をしていく時にはボーダーライン意識することが大事

ですから、交際クラブ・デートクラブなどでパパ活を行なって行く時にはしっかりと言葉のボーダーラインを意識しながら、コミュニケーションを楽しんだ方がより、食事が楽しくなると思います。

ボーダーラインとして気をつけなくてはならない言葉としては「あなただけは、他の男性と違って、特別な存在です」というような言葉を、恋愛感情のない男性に言うのはかなりまずいということです。

反対に「50歳なんてまだまだ、全然、若い年齢じゃないですか」というような一般論を例にして話すと、ボーダーラインを超えないと言うか線の内側で踏みとどまっている表現で、なおかつ仲良くコミュニケーションを楽しんでいるという状況になることができます。

「五十歳っていう年齢ですけど○○さんはおじさんっていう感じじゃなくて全然若いですよ!」という風に言葉をチョイスしてしまうと「ん?なかなか悪くない評価じゃないか・・・もしかしてこの女性は自分に気があるのかな?」という方向になってしまうのです。

■気になる男性に対しては特別感を全開にして出す

逆に自分がとても気に入っている男性に対しては「あなたは本当に特別な男性なんです」ということを思いっきり意思表示すると、男性は素直に「ああ、この女性は、本当に自分のことが好きなんだな」と、あなたの好意を受け取ってくれますので、関係が進展しやすくなります。

ですから、興味のある男性に対しては、どんどん「あなたは特別」という言葉をかけて行ってください。
「本当にこんな単純な言葉で気になる男性が振り向いてくれるの?」という風に疑問に思うかもしれませんが、男性にとってはこのくらいシンプルな言葉の方が表現方法として受け取りやすいですので、本当に効果があるのです。

それとは逆に気をつけてもらいたいのが自分が恋愛感情のない相手に対しては「あなたは、オンリーワンの存在です」というような言葉は使わない方がよくて「一般的にはこうですよね」というような話に終始した方が、あなた自身は安全圏から男性に対して「あなたをすごくリスペクトしています」

とか「楽しくコミュニケーションをとりたいけど、これ以上はご勘弁ください」という風に適切な距離感をコントロールすることができますので、「特別感」を気になる相手以外には出さないことが重要です。交際クラブなどを利用している方も今後の参考にしてみましょう。


緊急!サンデージャポンでの話題の件について緊急!NHKアナウンサー報道の件についてこの美女にビビッと来たらこちらまで高級交際クラブ青山プラチナ倶楽部のすべて青山プラチナ倶楽部は超一流のレディーの卵を探しています交際・デートクラブオーナーの経営論

コラム

パパ活女性
交際クラブ2019.10.18

パパ活上手の女性は知っている自分の価値の見極め方

パパ活をしていると自分の価値というのがより顕著にわかってきます。 出会いツールを使って出会っている女...

▲TOPへ

デート
交際クラブ2019.10.17

50代のメンズがハイクラスの女性に気に入られる方法

50代のメンズでも、ハイクラスの女性に気に入られるケースはたくさんあります。 50代になってもモテる...

▲TOPへ

愛
デート2019.10.16

何回が平均なの?大人のカップルのデート頻度を調査

大人のカップルはどれくらいの頻度でデートするのでしょうか。 週に1回デートするという人もいれば、月に...

▲TOPへ

恋愛
恋愛2019.10.15

初恋の人にもう一度会いたくなるときってどんな時?

交際クラブ・デートクラブにいる皆さんも初恋の人が忘れられないっていう人って意外に多いんです。 それは...

▲TOPへ

交際
恋愛2019.10.11

交際相手が別の男性に心を奪われやすくなる瞬間5つ

やはり交際している女性とどれだけ親しい関係を築いていたとしても、恋人同士である以上、相手に浮気される...

▲TOPへ

カップル
恋愛2019.10.10

周りから引かれる!?バカップルの条件とは!?

周りから引かれるバカップルというのが存在します。 バカップルと呼ばれている人たちは、自分たちでは普通...

▲TOPへ

デート
デート2019.10.09

大人の色気を磨くためにひたすらデートする日々

大人の色気というのはどうやって磨くのが一番良いのでしょうか。 私は年齢に比べて顔が童顔ということもあ...

▲TOPへ

女性
恋愛2019.10.08

男性が好きな女性とセックスをするときの行動について

男性は、好きな女性と体目的の女性とのセックスでは、異なる点がたくさんあります。 本記事では、男性が好...

▲TOPへ

交際
交際クラブ2019.10.07

交際クラブ・デートクラブで避けては通れないライバルの存在

今回は無視できない交際クラブ・デートクラブでのライバルの存在という話をしていきたいと思います。 ■ジ...

▲TOPへ

カップル
恋愛2019.10.04

女性が彼氏には絶対したくないキープ男性の特徴

女性には好きな人だけを大切に思う人が多くいますが、その中には自分に気がありそうな男性を“キープ”して...

▲TOPへ