クラブのスタッフにモテている自慢はやめて!勘違い女性は男性と出会えない!

学生時代からモテ続け、さらに社会人になっても男性からのデートのお誘いが多いという、“モテモテ”な女性もいるでしょう。

どこか華やかな雰囲気なのか声をかけやすいのか、男性の輪に入れば目立ちモテるような女性は、日々男性からのお誘いで忙しいかもしれません。

しかし、モテ続けたことで大きな勘違いをしてしまい、交際クラブで全く声がかからないといった女性が少なからずいます。

普段はモテているのに、なぜ交際クラブでは男性からオファーがやってこないのか、その理由を理解しておきましょう。

モテることで勘違いする

女性に限らず、男性もモテ続ける人生を経て勘違いしてしまう人が一定数います。

学生時代も見知らぬ男性から告白されたり、社会人になっても男性からデートのお誘いが日々絶えなかったり、常に男性の標的となっているような女性は、“私はモテる”と思い込んでも無理はないでしょう。

しかし、女性の中にはどうしてこんな私がモテているのかわからないとマイナスに思う人、男性から声をかけられるのは嬉しいが本当に好きな人と付き合いたいといった真面目な女性、そして男はチョロいと思ってしまう女性が出てきます。

中でも、自分はモテるのだから自分勝手に振る舞っても構わない、男性側が私に合わせるべきだと考えてしまう勘違い女性もいるのが実情です。

わがままし放題でも可愛いと思われる、私ならなんでも許される、だってモテるのだからといった態度では、交際クラブで成功するのは難しいでしょう。

スタッフにモテるを豪語する必要はない

モテて仕方がないと思い込んでいる女性の中には、交際クラブで富裕層の男性とデートをしようと考えている方もいるでしょう。

歩けば男性から声をかけられるような、こんなモテる自分だったら数多くの富裕層男性からサポートを受けられるはずと思い込むはずです。

実際に交際クラブで成功している女性の中には、富裕層の男性から継続的なデートを申し込まれ、充実した日々を過ごしている方もいます。

夢のある話ではありますが、学校や社会でモテていることと交際クラブでの成功はイコールではありません。

中でも、交際クラブは面接があるため、そこでどれだけ自分がモテているかスタッフに自慢するような態度を見せてもプラスに働くことは少ないでしょう。

自分がモテると平気で初めて出会う人に伝えるような女性が、富裕層の男性と丁寧なお付き合いをできるとは到底思われません。

さらに交際クラブのシステムを理解すれば、勘違いした態度はマイナスになると思うべきです。

スタッフに上から目線はよくない

交際クラブでは、男性会員がデートしたい女性を選ぶ、またはコンシェルジュから紹介されるといったかたちでマッチングが進められます。

その中で男性があらためてこの女性と出会いたいとなった時、コンシェルジュが女性にその旨を伝えてスケジュールなどの調整が進むといった流れです。

だからこそ、私たち女性は交際クラブに登録した際、男性から声がかかるまで待っているといった状況になります。

男性から声をかけられる確率をあげるためには、スタッフの方が自分を男性におすすめしてくれる必要があるでしょう。

例えば、交際クラブのスタッフに自分がとてつもなくモテるから男性におすすめしろなど、高圧的な態度は心証が悪くなり、最悪男性に紹介してもらえない可能性が出てくるのです。

また、交際クラブには日々新しい女性が登録しており、古いプロフィールは男性からより見つけられにくくなります。

これらの状況から、女性が男性と多く出会うためには、スタッフから男性に自分をおすすめしてもらわなければなりません。

そのためには、スタッフからの連絡はできるだけ早く返信する、面接などで上から目線で対応しないといった対応が求められます。

一方、あまり良い関係でないとなかなかお勧めされないのが実情なのです。

礼儀や基本を押さえなければ出会うことはできない

交際クラブの面接などで、自分がどれだけモテているのかスタッフに自慢したところで、スタッフが男性におすすめすることはありません。

さらに放っておいても男性からどんどん声がかかってしまうといった女性の中には、わがまま放題で礼儀がなっていない人もいます。

スタッフに横暴な態度を取ったり、返信をしない、約束の時間に遅れるなどやりたい放題では、とても信頼関係を築くことはできないでしょう。

交際クラブに登録している男性会員は、そのクラブを信頼した上で入会しています。

クラブ側も、男性が満足できる出会いを提供したいと考えているため、スタッフにすら礼儀を持って接することができない女性を男性に紹介することはできないでしょう。

また、交際クラブには数多くの素敵な女性たちが登録しており、とあるスポットでモテていた女性が、クラブで同様の待遇となることはありません。

礼儀をわきまえ、まずは基本としてスタッフとのやりとりを丁寧に取るようにしてくださいね。

まとめ

今までモテてきたから交際クラブでもモテるといった考え方は、いったん忘れましょう。

交際クラブに登録しているのは社会で成功を収めた富裕層が中心であり、さらにクラブには数多くの才色兼備な女性が揃っています。

そして交際クラブはコンシェルジュを介して出会いがセッティングされるため、クラブ側との信頼関係を築くことも重要です。

男性に紹介できないような女性と判断されれば、登録したところで出会いが巡ってくることはないでしょう。

モテていることはあくまで控えめに捉え、礼儀正しい態度で臨むようにしましょう。

投稿日: 2024.07.02
いつまでの新人気分で青山プラチナ倶楽部に登録中です!これからパパ活を始める人に向けて書けたらいいなと思っています。最近無糖の飲み物でおいしいものはないと気づき始めているこの頃。