客層と収益

高級交際クラブ 青山プラチナ倶楽部へようこそ
青山プラチナ倶楽部が満を持して大阪に進出!関西圏の女性を大募集!詳細はこちら

客層と収益

交際クラブ・デートクラブの収益は紹介料が殆どです。

どの様な頻度で会員は紹介を受け収益が出るのでしょうか。

まず、月に何度利用するかが非常に重要です。

月に1度であれば1人の会員からは5万円の収益です。

それが2度であれば10万円です。

つまり、100人の会員が動けば500万円ということです。

2度動けば倍となり1000万円です。

ここで考えていきたいのが、動く理屈です。

単純にお金の問題なのか、時間の問題なのか。

これを突き詰めていくと、時間になるのではないでしょうか。

何故ならば利用上で十分な金額を持っている男性は多いからだ。

そもそもお金の問題であれば会員の数も利用数も変わってくる。

そうなると、時間であることは言うまでもない。

つまり自由な時間があるかないかが結果を分けるのだ。

その為には、どの様な会員が適しているのだろうか。

高級を謳うクラブの場合、会社経営者や重役が多い。

ただでさえ普通の会社の社員が忙しなく働いているのに、

社長や偉い立場の人間がものすごく暇なわけがないのだ。

そうなると1回遊ぶのが一杯一杯だろう。

これでは、収益も上手く得られないことが多い。

では、逆ではどうだろうか。

時間は多いが、お金はあまりないはずだ。

しかし、この場合だと利用者層も変わることになる。

そう、普通のそこそこ出来るサラリーマンが多いはずだ。

ここを少し裕福で、独身者のような、お金の余裕がある層に変えると、

簡単に会員も増え、倍の利用者を見込めるだろう。

当然、その為には価格や料金が関わってくるが、

ここに関しては窓口を浅く設定するだけで良いだろう。

例えば、3か月の利用を考えて欲しい。

(セッティング料は5万円とする。)

入会金10万円で、月に1回の利用であれば、25万円だ。

仮に、入会金0円で、月に2回の利用であれば、30万円となる。

これが1年間であれば、50万円の差がでる。2年なら倍だ。

つまり、システムと利用者層を変えるだけで、

年50万円×会員数の収益の差が出てしまうわけだ。

もしも倍ではなく1.5倍だとしても良い金額になるだろう。

上手くクラブが回らな良場合でも、高級クラブ同様の収益は上がる。

このようにして、ミドルレベルのクラブも生き残っているのだろう。

あくまでも妄想のレベルの話ではあるが、興味深くはないだろうか?

お問い合わせはこちら

ブログ

青山プラチナ倶楽部が大好き 今週のViViDGirl

青山プラチナ倶楽部

青山プラチナ倶楽部オーナーの経営論

青山プラチナ倶楽部のすべて

永久会員とは

運営者情報