勝者と敗者の違い

高級交際クラブ 青山プラチナ倶楽部へようこそ
青山プラチナ倶楽部が満を持して大阪に進出!関西圏の女性を大募集!詳細はこちら

勝者と敗者の違い

交際クラブ・デートクラブを利用する女性会員にも勝者と敗者は居るだろう。

早い話、得をするか損をするかということに尽きる。

女性ごとのスペックなどを除けば、間口はオープンな状態だ。

つまり、誰にでもチャンスはあるだろう。

しかし、女性によっては損得の差が出ているのが現状だ。

その違いは一体どこにあるのだろうか。

一般的に認識されているものとして、

「男性の指名次第」という考えがあるだろう。

しかし、これは誤りだ。

全ての男性会員に見てもらえるとは限らない為だ。

ここにはコースやランクという要素が含まれてきてしまう。

決して差別化を計っているわけではない。

多くの場合、混乱しないように交通整理をしている場合が殆どだ。

例えば、男性会員と女性会員がそれぞれ100人居たとしよう。

ここで、100人の男性会員が1人の女性会員に注目したとする。

すると、男性90名と女性99名が影響を受けることになる。

これでは、運営が麻痺をしてしまう。

ある意味、ほぼ全ての会員が損をしてしまうだろう。

特に条件が無ければ、女性の指名回数分しかクラブは得をしないだろう。

こういった事が起きないよう、女性と会えるチャンスには工夫が施されている。

つまり、お金を積んででも先に会いたいと思う人がいるわけだ。

優先されるのであれば、男性は良いコースに入りたいだろう。

また、女性も、より裕福な男性と会うチャンスも生まれる。

こういった、男性会員にも女性会員にも優しいシステムになっている。

多くのクラブがこのような流れを組んでいる。

気づいた人も多いだろうが、一部の男性会員には不満が生まれてしまう。

優先順位だけでは、待ちぼうけをくらい、動きが止まる男性が出てくる。

どの道、時間が経てば人気の女性は退会をしていってしまう。

会えないばかりか、この流れを繰り返してしまっては大きな問題となる。

その為に、非常に重要となるモノが、女性のランクとなる。

ランクとは、男性会員のコースにあわせて、
女性の指名できる幅を持たせているものだ。

高いコースは、全ての女性を。
安いコースは、少ない範囲の女性を指名できる。

何度も言うようだか、間口はオープンだ。

男性のお金の使い方一つだけで、選択肢は増える。単純だ。

男性のグレードに合わせて、女性にもグレードを付けることで、

余裕のある男性には、それだけの価値があるであろう女性をマッチさせている。

実はこの点は、男性だけが得をする場合がある。

女性は損をすることは無いが、チャンスは失っているかもしれない。

トータルで出会えるチャンスの回数が減るからである。

しかし、その分の魅力的な出会いは生まれていることは言うまでもない。

さて、では、女性のランクとはどう決まっているのだろうか。

つまり、どのような女性が上位のランクになるのか。

まず、該当する女性の特徴を挙げましょう。

・「単純に容姿がすばらしい」
・「性格・人当たりが良い」
・「何らかしらの才能や特徴がある」
・「荒が無い」

以上の様な要素が強いでしょう。

これを聞いてやっぱりと思うだろうか?

はっきり言って違います。

多くの女性は、欠点があります。

上記のとても良い要素があろうとも、

・「性格が悪い」
・「仕草や言動が良くない」
・「お化粧など、女性の魅力に乏しい」
・「社会人としての質が低い」
・「ファッションセンスが無い」
・「様々な努力が見られない」

このような基本的に大切な部分が足りていない場合が多い。

つまり、原点式で女性としての魅力を元に判断をされているのだ。

初めから評価の低い女性は居ないということを分かって欲しい。

ランクなんてものは『普通』が出来てしまえば、なんの問題も無いのです。

その普通がとても難しいということは言うまでもありません。

問合せ時の、メールや電話での応答一つをとっても

どのような人物かを判断されてるかもしれません。

遅刻をしたり、時間を守れないこともあるでしょう。

人としての価値観がしっかりとしていなければ、
おそらく、誰も評価はしてくれないでしょう。

普通の学生が、一流企業の社長様と会うとするならば、
それなりの価値観を共有できることが理想ですよね?

そういう単純な評価がランクとなるのです。

お問い合わせはこちら

ブログ

青山プラチナ倶楽部が大好き 今週のViViDGirl

青山プラチナ倶楽部

青山プラチナ倶楽部オーナーの経営論

青山プラチナ倶楽部のすべて

永久会員とは

運営者情報