熟年離婚が増えている理由 / 卒婚という新しい夫婦の形

高級交際クラブ 青山プラチナ倶楽部へようこそ
青山プラチナ倶楽部が満を持して大阪に進出!関西圏の女性を大募集!詳細はこちら

熟年離婚が増えている理由 / 卒婚という新しい夫婦の形

熟年離婚が増えている理由

近年熟年離婚が増えていると、いろんな情報媒体で言われています。

しらべてみると20年以上連れ添った夫婦がする離婚件数は、40年前にくらべて10倍にもなっているらしいです。

いろいろな理由が考えられるとは思いますが、熟年離婚の特徴的な理由として、女性側に有利な年金分割制度の整備、男性定年後に男性がずっと家にいることに耐えられなくなったから、相手の介護をしたくない、子供の自立、といった理由があるようです。

ただ、理由の多くが女性側からの希望であるように思われ、家父長制、良妻賢母幻想の破綻、女性の社会進出、女性側だけが我慢しなくていいという意識の変化など、やはり女性側の要因が大きいのは間違いないでしょう。

離婚を申し出られて、当然男性は困惑し、離婚を拒んでも、実際ここまで夫婦関係がこじれては、遅すぎるのかもしれません。

男性側としては、家族のためにこれまで仕事を頑張ってきたのにと釈然としないのは当然です。

ですが、現実問題として復縁をする手段がある方は、恐らく突然離婚してほしいなどと言われることはないでしょう。

男性側にとってわずかなアドバンテージは経済力です。

勿論離婚で財産分与を求められるでしょうが、それでもやはり一番優位な点は経済的な要因です。

お金さえあれば、極端な言い方をすれば、離婚しても他人に迷惑をかけることもなく、心の隙間を埋めることも、手段はいくらでもあるでしょう。

経済的な理由で肩身の狭い思いをしなくて済むということは体面を保ち、人間らしくこれからを再スタートすることができるということです。

離婚で男性側の一番のデメリットは孤独感だそうです。

仕事一本で頑張ることしか知らなかった男性は近所づきあいもままならず、様々なコミュニティから疎外されていると感じることが多いようです。

そんな男性が孤独感を埋め合わせる手段の一つとして、交際クラブという選択肢もあるのかもしれません。

勿論報酬ありきの世界ですが、これまで接点のなかったような若い生気溢れる女性と交際することができるのです。

女性の側としても報酬も大きなモチベーションでしょうが、それとは別に自分が経験したことのない様々な世界の話を聞きたいという方もすくなくないようです。

勿論男性の魅力次第で、男女の交際に発展することもあるでしょう(但しそれを過度に期待すればほぼ間違いなく嫌われるでしょうが)。

最近はパパ活なる言葉もあるように、物心両面で若い女性が支援を受けるのに対して、男性側は女性からいろいろな意味で生きる活力を得るのでしょう。

現代にあっては若い女性と経済的な余裕があり、離婚という辛い経験をした男性という、ある意味ミスマッチな(生物学的な意味で?)カップルは相互に利害が合致して、相互に補完しあう関係といえるかもしれません。

男性が積極的に熟年離婚を望むことはあまりないかもしれませんが、そう考えれば、男性側にも僅かに希望はあるのかもしれませんね。
images

卒婚夫婦も増加中!

卒婚ってご存知ですか?

婚約関係は解消せず、夫婦それぞれ別居して、新しい人生を送るという新しい夫婦の形です。

別居せず、同じ家でそれぞれ暮らすというケースもあるようです。

熟年離婚とは違いメリットがあります。

  • 介護の心配がない
  • お墓の問題も気にしなくてもいい
  • 子供にも迷惑をかけない
  • 周りの人に離婚したと知らせることもないので気が楽

というメリットがありこの卒婚をする夫婦が増えているようです。

この方法で離婚をしなくても済むという夫婦も多いようです。

実際に交際クラブ・デートクラブでも卒婚状態の男性会員様が、若くて綺麗な女性の癒しを求めて入会しております!
love

お問い合わせはこちら

ブログ

青山プラチナ倶楽部が大好き 今週のViViDGirl

青山プラチナ倶楽部

青山プラチナ倶楽部オーナーの経営論

青山プラチナ倶楽部のすべて

永久会員とは

運営者情報